ホタル・蘇える時

2013年ホタル状況




昨年、ご近所の農家さんが
ご自宅の水路で繁殖しているタニシを試験的に持ってきてくださいました^^

ホタルの、タニシの食いっぷりをその場で確認したく思い
早速、育成水槽へ入れてみた。

これがいけなかった・・・m(__)m

2012年のホタルの無料観賞時期も過ぎ、秋風が吹き始めた頃には
ホタルの育成水槽に大量のヘイケボタル幼虫が^^

やがて、寒い冬が訪れ、ホタル幼虫たちは土の中で越冬を始めた。

そして、2013年の春が来て・・・



ホタル育成水槽内には
ある程度成長したヘイケボタルの幼虫の死骸が無数に・・・;;

水槽の壁面には無数のヒルがへばりつき増殖している。

中には、ヒルに吸着されてもがいているホタル幼虫個体も・・・><

ピンセットでヒルをむしり取ってみるが、その後の幼虫は丸まったまま動くことはなかった・・・


仕方がなく、新たに飼育水槽をセットし
およそ10本の飼育水槽から、未だに元気でいてくれるホタル幼虫を探し出し
1匹ずつスポイトで吸い出して移動させることにした。

しかし、時すでに遅く
新たな飼育水槽でもヒルが発生><

どうやら、ヒルに卵を産みつけられたホタル幼虫個体も混ざっていたらしく
気付くと、新たな水槽までヒルに浸食されてしまっていた・・・;;

その後、ヒルを浄化するべく、2度3度と同じことを繰り返し
ようやくヒルの居ない飼育水槽を立て直すところまでたどりつき
今は孵化のために上陸を始めたホタルも出てきた^^

とはいえ、健全なホタル幼虫は30~50匹というところとなり
次の種採り(卵採取)を考えると、30匹・15カップルが精々かと・・・

ということで
2014年の無料観賞を再開するためにも
2013年の無料観賞は中止せざるを得ない。


ちなみに
ヒルに浸食された飼育水槽は、全て塩素漂白剤を投入し
数日置いた後、天日干ししておいた。

強靭な生命力を持ったヒルだけに
これだけのことをしても不安は残るが
使用に際しては、水を入れて運転させつつ、しばらく様子を見てからにしようと思う。


さてと
次期のホタルのために、今元気でいてくれるホタルのために
これから裏山にカワニナを採取しに行こう♪

------------------------------------------------------

2013.7.10

我が家のホタルがようやく孵化して光りだしました^^
しかも、屋外の「ホタル育成池」でのことです。

なんとなく気が向いて、先ほど見に行ったら
1頭だけ、池の端で草につかまって光ってました^^

まだ孵化したてのようで
飛ぼうともせずに手の中におさまり、ピカピカしてました^^


前にも書いたように
今年は、屋内にある「ホタル育成場」内にヒルが大量発生し
ホタルの幼虫が、ほぼ全滅に等しい状態となったため
屋外での自然繁殖に成功したことは実に嬉しいものです^^

さて、その「ホタル育成場」ですが
ほぼ全滅と言いつつも、30~50頭は孵化する見込み・・・とはいえ
室内にあるためか室温が低く
蛹どころか、未だに幼虫のまま光っているものがいるなど
孵化にはもう少し時間がかかりそうです^^;


追記
7月11日
屋外の「ホタル飼育池」にて2頭
室内の「ホタル飼育水槽」にて2頭確認できました^^

更に、「ホタル飼育水槽」では
未だに元気な幼虫数匹と、明日には孵化しそうな蛹が数匹、元気に光ってました^^

近日中には撮影 できると思うので
再び「追記」として写真を掲載します^^


追記
7月26日
未だにホタルの孵化は止まらず
屋外の「ホタル飼育池」でも、室内の「ホタル飼育水槽」でも
ようやく上陸を始めた幼虫すらおり、嬉しい誤算です^^

総数も、予想を超えて、間もなく100頭を超えようとしています^^

可能性として、最大で50のペアができ
その産卵数は5000卵を超えることになるので
今後は餌の供給に不安が出てきます・・・><

今日は、昨年にホタルを見に来られた地元のご家族が
「そろそろホタルの時期だと思って・・・」と、再び、ご訪問していただけました^^

今年の諸事情を説明させていただきながらも
屋外の池に目をやると
池の周りに植えこんであるアップルミントの葉蔭に
一つ二つと淡く優しい光が・・・^^

見る見るうちに3頭4頭と増えていくのでした^^

昨年は、室内の囲った飼育スペースでの鑑賞だけだっただけに
屋外の、囲われるものの何もない池の周りでのホタルの灯は
ホタルのことを忘れずに訪問されたご家族に楽しんでいただけたようです^^



逆境を乗り越えて、これだけ多くのホタルたちが頑張ってくれているのですから
ホタルのことを忘れずに訪問していただける方々のためにも
私ももっともっと頑張らなければならないと思うのでした^^



北のほたるや
[PR]
by kitanohotaruya | 2013-07-26 23:08 | ホタル


蓮とホタルと彼岸花とワイン用ブドウ栽培やら地元の土で陶芸やら


by kitanohotaruya

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

最新の記事

当別町
at 2017-01-19 21:10
My Fourth Albu..
at 2014-11-09 11:29
ふくろう湖と町興し
at 2014-11-02 13:02
はつゆきがふりつもるころにあ..
at 2014-10-29 22:13
秋の色物語 ふくろう湖
at 2014-10-16 19:45
紡がれていく神話 ふくろう湖
at 2014-10-16 10:59
神話が始まる刻  ふくろう湖
at 2014-10-16 10:53
石狩当別町興し計画案
at 2013-07-27 21:37
ホタル・蘇える時
at 2013-07-26 23:08
キャンドル・シェード、絶賛点..
at 2013-02-12 22:26
夏の夜の終焉 ホタルの雨が降る
at 2012-08-01 10:05
ホタルの孵化始まる
at 2012-07-06 03:03
ヘイケボタル飼育状況
at 2012-06-02 20:15
北海道にもヒガンバナ 当別町
at 2011-10-05 22:27
ホタルの里になることを願って
at 2011-07-16 17:02
ホタルが飛び始めました♪
at 2011-07-13 13:42
当別町にホタルを復活させたい
at 2011-05-14 09:14

以前の記事

2017年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2013年 07月
2013年 02月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月

フォロー中のブログ

夕陽に魅せられて・・・
まんしゅうきつこのオリモ...
化石のはなし
毎日のはなし
Kikorin's ph...

使用機材など

使用カメラ
Minolta α7700i
Nikon F10
FinePix 50i
FinePix Z5
FinePix S5200
Nikon D40
Nikon D5000
Nikon D90
Nikon D300
Nikon D3S

使用レンズ
Nikon
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-200mm F2.8G(IF)
AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED
AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G (IF)
AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II
AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)
AF DX Fisheye-Nikkor ED 10.5mm F2.8G
AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G ED
AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED
AF-S NIKKOR 50mm F1.4G
AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED
AF-S Teleconverter TC-20E III
Kenko 800mm F8 DX
Kenko ED500mm F8 DX
SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
SIGMA APO TELECONVERTER 2X DG
Nikon EDGフィールドスコープ 85 & FSA-L2 500mm-1750mm
BORG デジボーグ45EDII + 1.4倍テレコンバーターDG

スピードライト
Nikon SB-600
Nikon SB-900

三脚
Slik プロ 700 DX-III
Nikon FT-5000

赤道儀
Vixen GP2

ビデオ
Canon iVIS HF R10 レッド

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

北海道
カメラ

画像一覧